読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きちんと消費カロリーを測れる活動量計がついに発売

レビュー/購入検討

いままでの活動量計の限界:精度

しばらく前から活動量計に注目していました。

体重維持のためには、摂取カロリーと消費カロリーのバランスがとれればいい。活動量計は、そのうち消費カロリーを見積もってくれるからです。

オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン WellnessLink ブラック HJA-401F-BK

オムロン(OMRON) 活動量計 カロリスキャン WellnessLink ブラック HJA-401F-BK

でも、今までの活動量計は、体のどこか1カ所だけの動きをトラッキングする原理上、「歩く」「走る」「階段を上る」くらいしか正確なカロリーを測れませんでした。

リストバンド型のもそうです。

「自転車」の用に振動が少ない運動や、「ダンス」のように全身を使う運動のカロリーを正確に出せません。

そんな状況でようやく、私が使えそうなものが出てきました。これです。

Fitbit Surge

f:id:medakamaster:20141123234326p:plain

これが、他の活動量計とどう違うのか、メモがてら書き残します。

私の想定利用ケース

  • 1日中つけっぱなしにして、ちょっとした運動もカウントしたい。
  • iPhoneやPCで情報を確認したい。
  • 2年くらいは使いたい。

活動量計に求める条件

ウェアラブルデバイス全盛のこの時代、活動量計として使えそうなものはけっこうたくさんあります。 でも、

1.腕で脈拍が測れること

胸のバンドで測るタイプは多いですが、それには以下のデメリットがあるので、日常生活には向かないと考えています。

  • 胸が締め付けられるので苦しい。
  • 電位を測るので濡れていないといけない。

そこで、腕だけで測れる機種が必要なのですが、ここ1~2年で急速に増えていました。

2.朝から夜まで測れること

ちょっとした階段や早歩きの消費カロリーも測定したいので、低サンプリングレートでいいので1日中測定できるものを探していました。あとは仕事中の心拍の変化にもちょっと興味があったり。

これに対応している機種はなかなかありませんでした。mio alphaやadidasのものなど、基本は数時間程度でした。 Android wearの機種にも脈を測れるものはありましたが、この機能に言及している機種は軽く調べましたが、見つかりませんでした。

3.バッテリーが3日以上持つこと

最後はバッテリーです。

毎日バッテリーを充電するデバイスは1年ほどでバッテリーがへたって、持ちが半分くらいになります。へたっても丸1日バッテリーを持たせるには、初期に3日くらいはもって欲しいです。

ここで Epson の Pulsense が消えました。Microsoft band も常時測定でき、他にも様々なセンサーがついていますがそうですが、バッテリーは厳しそうです。 ただ逆に言うと、1年くらいで買い換えるならこの機種でもいいかもしれません。

Fitbit Surge ならOK。たぶん。

Fitbit Surge™ フィットネス用スーパーウォッチ

Fitbit Surge は、以上の条件を全て満たします。腕につけるだけで、1日を通して脈を測ることができて、しかもバッテリーは7日間持つそうです。

というわけで、fitbit Surgeを買いたいのですが、、、実はまだ発売されていません。2015年初頭ということで、今しばらく待ちたいと思います。

仕様が本当に実現されるのか多少不安ですが、きちんとした製品に仕上がっていることを願います。

その他条件メモ

  • 半袖時に会社に着けていけるデザイン(薄型、シック)
  • iPhoneと連携できること